2018.08.28 |349view

ネットショップの集客方法は何が効果的?すぐにできる集客アップは?

ネットショップを成功させるためには、売れやすく利益の取れる商品をいかに効率よく仕入れることができるのかがポイントになります。しかし、それ以上に重要なポイントが集客です。どんなにいい商品を揃えていても、ショップを訪問してくれるユーザーがいなければ話になりません。ネットショップを成功させるために必要な集客の方法について解説していきます。

イメージ画像を効果的に使う!SNSの活用で商品のアピール

ネットショップを効率よく宣伝し、集客を行うには、SNSがとても便利です。便利というよりは、ネットショップを成功させたいのであれば、もはやSNSは必須のツールといえます。SNSの一番のメリットは拡散力、つまりシェアしてもらえることです。ネットの世界では、自分がいいと思ったものは、他の人にも教えてあげたい、という欲求をボタン1つで完了することができます。特に女子は、おしゃれな商品や、それらを着こなしているモデルの画像をシェアしてくれる可能性が高いです。シェアすることで、自分のセンスをアピールすることもできるという理由もあります。ユーザーにシェアしてもらえるようにするためにも、SNSで使用する画像は、撮影場所や細かい小物にもこだわらなければなりません。少しでもダサいと思われると、シェアされる可能性は大きく下がります。また、具体的にその商品をどのようなシーンで使用するのかという解説を入れておくことも忘れてはいけません。実際に商品を使用しているイメージを、サイトに訪れている人に抱かせ、想像させることが何より重要です。そして、SNSを通じて新商品や入荷情報をこまめに配信していきましょう。こうすることで、余計な宣伝費用を削減できますし、拡散してもらうことができれば、自動的に宣伝を行うことが可能です。

具体的な商品の説明はブログの活用も!着回し術などの提案

SNSは直感的なツールです。つまり、写真や画像を多用し、見ている人の感情に訴えかけることに長けたツールになります。しかし、直感的にいいと思っても、実際にお金を払って商品を買うとなると、慎重に検討する人が多いのも事実です。そのため、SNSと並行して使用していきたいのがブログになります。SNSで気持ちを盛り上げさせて、ブログの文章で納得させることがポイントです。ネットショップの集客で、SNSとブログの並行利用を戦略的に行なっている企業も少なくはありません。具体的には、実際に着用したイメージや、そのアイテム1着でどのような着回しができるのかのアドバイス等を、語りかけるように掲載していくのがポイントです。アイテムの特徴を羅列していくだけではなく、等身大の人物が感想を述べているようにブログには書いていきましょう。いかにユーザーに共感してもらえるかを意識する必要があります。また、現在のトレンドや今後の傾向にも触れていきながら、ユーザーに次の行動を促していくのもポイントです。そして忘れてはならないことが、アイテムを購入することで得られるメリットやデメリットの記載になります。この場合、メリットだけを書き連ねるよりは、多少のデメリットも加えた方が真実味は増しますが、あまりデメリットを強調しすぎると、アイテムの売れ行きに影響を及ぼしかねませんので、あくまでデメリットの記載は、メリットをきわださせるためと理解して記載しましょう。

SEO対策をしてネットショップへの集客をアップする方法

ネットショップでの集客には、当たり前ですがインターネットが必須となります。インターネットで集客を行う場合、ユーザーはどのようにしてあなたのネットショップにたどり着くでしょうか。ユーザーがネットショップにたどり着く導線は様々です。例えばSNSでシェアされた画像やリンクを通じてたどり着くパターンがまず考えられます。そして、みずから検索してネットショップにたどり着くというパターンもあるはずです。この場合、ユーザーは自分の必要としている商品や情報などを、検索エンジンに入力して検索結果からネットショップにたどり着いています。つまり、ユーザーを検索で効率よく自分のネットショップに誘導するには、できるだけ検索結果の上位に自身のネットショップが表示されなければなりません。このように、自身のネットショップを効率的に上位に表示させるテクニックをSEO対策といいます。SEO対策は非常に奥が深く、突き詰めていくとかなり難しいため、まずは基本的なSEO対策を押さえておけばいいでしょう。基本的なSEO対策としては、キーワードの選定や、内部リンクの設定、そしてサイト内コンテンツの充実です。サイト内コンテンツは、現在のSEO対策でもっとも重要視されているといっても過言ではありません。具体的には、キーワードに応じた記事内容の充実度です。ユーザーがその記事を読むことで、問題を解決できるほどの充実した記事を掲載したり、思わずシェアしたくなるような記事をサイト内に掲載していきます。逆に、キーワード選定ができていても、コンテンツが薄すぎると検索エンジンから価値のないサイトとみなされ、検索結果から除外される可能性もありますので注意が必要です。

ネットショップのターゲットを間違えていないかチェック!

ネットショップに集客もできている。問屋から卸価格で仕入れもうまくいっている。それなのに商品が売れない、というネットショップも多々あります。そのようなネットショップはまず、ターゲットが間違っているか、トレンドを把握できていない可能性があります。簡単にいうと、八百屋にどんなにいい魚を並べていても、売れるかもしれませんが、そんなに頻繁には売れないはずです。そこにきている客は、新鮮な野菜や果物を求めてきているのに、店に魚がおいてあると違和感をおぼえることでしょう。また、お店がなんのお店かわからないような造りでごちゃごちゃしていると、購買意欲も無くなります。ネットショップも全く同じで、ユーザーが求めている商品を把握してネットショップに掲載することや、その商品のイメージに見合ったサイトデザインを構築していくことは非常に重要です。ものを売るという作業は、ユーザーの求めているものを把握し、適切な商品を商品に見合った場所で提供することが基本になります。そしてトレンドです。夏であれば冷たい飲み物。冬であれば暖かい飲み物が売れます。アイテムが売れない場合、もしかしたら夏に暖かい飲み物だけを販売している状態かもしれません。基本的なことですので、アイテムが売れない場合、もう1度商品選定や、サイトデザイン、そしてトレンドを見直してみることをおすすめします。

お得感に弱い客の心理を刺激する!送料の工夫で集客アップ

当たり前ですが、商品は高いより安いに越したことはありません。そして、ネットショップでも価格を重要視するユーザーはとても多く、特に送料を気にするユーザーはかなり多いのが実情です。同じ卸先から商品を仕入れている他のネットショップがあり、集客に関しては同等なのに、売れ行きが相手よりも悪いと感じているのならば、送料の設定を確認してみるのも1つの手です。送料の設定や表示の仕方だけでも、商品の売れ行きは大きく変わります。つまり、ユーザーは商品価格にプラスして送料を払うことを「損している」と考えているのです。送料はなくてはならない経費ですが、送料が高すぎて売れ行きが停滞していると感じるのであれば、運送会社に相見積もりをとってみたり、商品価格に送料を転嫁して送料自体を下げたりするなどの処置が有効になります。また、送料無料を謳って商品を増やすことも効果をあげやすい対策です。

人気のネットショップをお手本にするのも集客につながる

ネットショップで効率よく集客を行うために、人気のネットショップをお手本にするという手があります。真似するという行為を敬遠する人もいますが、成功者を真似ることは、成功にもっとも早く近づくための最善の手法です。仕入れもうまくいき、トレンドも捉えて価格も絶妙なバランスをとっているのに売れない、というネットショップ運営者は、サイトが見づらい可能性があります。そのような場合には、一旦、自分のショップと人気ショップを見比べ、足りない部分や、見やすい部分を真似しながらサイトを再構築してみましょう。それだけで驚くほど売れ行きが変わる可能性があります。ネットショップは、まずは直感的にショップデザインがユーザーに気に入られ、訪問してもらうことが重要です。そして、商品説明や情報を充実させ、ユーザーに答えを提示する。そのうえで、ユーザーに納得してもらい、お得感のある価格で商品を購入してもらう、という流れを意識します。最終的には、ユーザーにショップをシェアしてもらったり、リピーターとなってもらうように促すことが、今後のネットショップの売上を伸ばしていくためには必要です。今回、解説した内容を実践してもらえれば、ネットショップの売り上げも大きく変わる可能性があります。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ