2019.11.08 |160view

アパレルで商品を仕入れるときの流れとは?おすすめの方法を紹介

アパレル事業者にとって、商品の仕入れは経営が上手くいくかどうかを決定づける重要な要因と言えます。
そこで、経営が上手くいく仕入れ方法にはどのような特徴があるのでしょうか。

この記事では、アパレルブランドが仕入れを行う必要性や、
成功しているアパレルの共通点、基本的な仕入れ方法3つの流れなどについて解説します。

アパレルブランドが仕入れを行う必要性

自社のブランドを持っているアパレル事業者が外部から商品の仕入れを行わなければならない理由はどうしてなのでしょうか。

その理由として、時代の移り変わりとともに消費のスタイルは物自体を求める
「モノ消費」から経験などを重視する「コト消費」へと移行してきていることが挙げられます。
アパレルショップでもこの傾向が強くなってきており、服だけを売っていれば良いという時代は終わって、
「コト消費」志向の消費者を満足させられるような豊富な品ぞろえが求められるようになってきています。
そこで自社ブランドの商品だけでなく、
既存の他社ブランドの商品を仕入れて自社商品と組み合わせることで「コト消費」の提案ができるようになると言えるでしょう。

コーディネートを決めるにあたって1つのブランドだけで統一するのはかなり難しいです。
そこで自社ブランドのコンセプトに合うブランドを提案することが求められています。
このようにコンセプトとターゲットを明確にさせたうえで
コンセプトに沿った商品を外部から仕入れればブランディングにも役立つでしょう。

仕入れに成功しているアパレルショップの共通点

仕入れに成功しているアパレルショップにはいくつか共通点があります。

まず挙げられるのが、理想とするショップのラインナップを参考にしつつ、
自分の店のオリジナリティを主張できる個性的な商品が揃っている点です。
成功するために模倣することは大事ですが、ただ真似をするだけでは他の店と差をつけることができません。
そこで、真似をしつつも店のコンセプトをはっきりさせ、ブランドの個性を出せる商品を揃えましょう。

次に、成功するアパレルショップの特徴として消費者の心を掴むトレンドの商品が置いてある点が挙げられます。
時代に流されない個性的なラインナップのアパレルショップはコアな層からウケが良いですが、
トレンドを押さえた商品はどんな層からも需要があります。
新規客獲得にも繋がるのでトレンド商品も取り揃えましょう。

そして、仕入れにおいて大切なのが、商品の売れ行きを正確に見極め、
なるべく在庫が出ないように仕入れ数を調整することです。
仕入れ量が多すぎるといつまでも在庫が余ってしまいますし、
少なすぎると売り切れ状態が続いて他の店に顧客が流れてしまいます。
そうならないようにも売上を見てベストな仕入れ量を維持しましょう。

また、ネットショップの場合は商品紹介ページを充実させることも大切です。
商品紹介ページに書かれた情報は顧客が購入するかどうかを判断する大切な基準であり、
あまり情報が少なすぎると購入に不安を感じてしまいます。
それに、売り手の商品への愛着も伝わるので、商品紹介ページの文章や写真も充実させましょう。

アパレルでメーカーから直接仕入れるときの流れ

アパレルでメーカーから直接仕入れる場合、仕入れたい商品を扱うメーカーがわかっているなら、
メーカーに直接コンタクトを試みることで直接仕入れを行える可能性があります。
そうすれば間に問屋を挟む必要が無くなるのでコスト削減にもつながるでしょう。

この場合、まずは仕入れたいメーカーに電話やメールで連絡を取り、
自己紹介したうえで取引したいという旨を伝えます。
ただ、取引条件が厳しい可能性が高く、断られたり、裁定取引金額を指定されたりする場合もあることを理解しておきましょう。

また、仮に話が先に進んだとしても相手が都合よく在庫を抱えているとは限りません。
生産から受注まで3〜4ヶ月かかることも覚悟したうえで仕入れの契約を結びましょう。

アパレルで海外に出向いて仕入れるときの流れ

アパレル事業者の場合、海外に直接出向いて商品を仕入れることも可能です。

この場合は欲しいアイテムと出向く国、仕入れた商品の配送手段を決めたうえで現地のコーディネーターを手配しましょう。

そして準備が整ったら現地へ行き、商談を行います。
そして、料金を支払い、日本で荷物を行ったら検品をして店舗での販売となります。

ただ、この場合仕入れた商品が不良品だった場合に返品や交換がスムーズに行えず、
どうしても少ない量では元が取れないというデメリットがあります。
したがって海外での仕入れは上級者向けと言えるでしょう。

アパレルで「イチオクネット」を利用して仕入れるときの流れ

国内最大級のアパレル商材仕入れサイト「イチオクネット」を利用すれば、他の方法よりも簡単かつ安全に仕入れができます。

イチオクネットを利用する場合、
商品を選び、注文をするとサンクスメールが届きます。
次に注文内容が海外事務所に転送され、海外メーカーに発注されたらメーカーから海外事務所に商品が納品され、
目視による検品が行われます。
そして検品を行って異常が無ければ商品が国内の本店に送られ、顧客に確認メールが届きます。
商品は国内の本店で梱包されて出荷されるので届くのを待ちましょう。
ちなみにイチオクネットの場合初回注文時は送料が無料となります。

アパレル商品は「イチオクネット」での仕入れがおすすめ

アパレル事業者が商品を仕入れる方法にはメーカーに直接問い合わせたり、
海外に出向いたりする方法がありますが、
安全かつ確実に仕入れる方法としては国内の仕入れサイト「イチオクネット」がおすすめです。
イチオクネットは商品のラインナップが豊富なので、イチオクネットを利用して商品のラインナップを充実させ、
顧客の「コト消費」のニーズに応じていきましょう。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ