new 2019.11.13 |87view

アパレルにおける接客のコツとは?5つのポイントに分けて解説

アパレルショップでは、売り上げを上昇させる要因の一つとして「接客」が大変重要視されています。
その為、そこで働く店員は接客のコツをしっかりと理解して、実践していくことが大切になるのです。
この記事では、アパレルショップの売り上げアップに繋げるための接客のコツを、接客の流れに沿って「5つ」紹介していきます。

アパレルにおける接客のコツ1:接客に必要な知識を身に付ける

まずは、接客の基本的な知識を身に着けていきましょう。
その為には適切な言葉遣いや、接客態度を覚えることが大切になります。
それを覚えるコツとしては、接客が上手い先輩の真似をしたり、
自分が買い物をする時の店員の接客を参考にしたりするのが効果的です。
他にもトレンドチェックを怠らないように注意します。
それには休憩時間にスタッフ同士で、ファッション雑誌をチェックするなどして、
常に最新のトレンドにアンテナを張っておくようにしましょう。
その他にも、自分の店で販売している商品の知識を身に付けることも大切です。
どの素材がアイロンをかけられるものなのか、
この繊維であれば洗濯するときはネットに入れる等、
顧客に聞かれた時に分かりやすく説明出来るように、細かい知識を蓄えておくようにします。

アパレルにおける接客のコツ2:第一印象を大切にする

これはアパレルだけではなく、販売業全般にも言えることですが、店員の第一印象はとても大事な要素なのです。
人の第一印象は、10秒以内に決まるといわれており、
最初の10秒で良い印象を与えられるかどうかが、顧客の購買行動に大きな影響を与えることになるのです。
もしも第一印象が良くない場合には、顧客がすぐに店を出ていってしまう事も考えられます。
このような状況では売上に繋がりません。
ポイントとしては、顧客が店内に入った瞬間が重要であると言われます。
お客さんが入って来た瞬間に、安心感を与える自然な笑顔や、感じの良いあいさつ、
そして清潔感のある身だしなみを常日頃から心がけるようにしておきましょう。

アパレルにおける接客のコツ3:顧客の服装や挙動を観察する

店に来た顧客の服装やバッグ、靴などのコーディネートをさり気なく観察するようにします。
そうすると、その顧客の好みがわかるようになります。
すると、お勧めする商品も選びやすくなるというメリットが生まれます。
服装にはその人の好みが反映されていることを覚えておきましょう。
他にも顧客に声をかける場合には、適切なタイミングで声をかけるようにします。
例えば、特定の商品をじっと見ている、もしくは周囲を一周して同じ場所に戻ってきたなど、
顧客が特定の商品に興味があるようなそぶりを見せている時に声をかけると良いのです。
そして声をかける時には、右側からかけるようにします。
なぜならば、人には本能的に左側の心臓を守ろうとする習性がある為、
右側からのアプローチならば、相手に不安を与えにくいという特徴があるためです。

アパレルにおける接客のコツ4:顧客のニーズを把握する

店内の顧客にいきなり声をかけると警戒されてしまいます。
それを防ぐにはまず、顧客との会話を楽しむことを心がけましょう。
そのときの注意点として、自分が話すよりも出来るだけ相手の話に耳を傾けるようにします。
その時には相槌を打ったり、共感を示してみたりして、相手の言葉を反復するなどのテクニックで、
しっかりと聞いていることをアピールするようにしましょう。
このようにして少しずつ顧客と打ち解けてきたら、来店の目的や好みのデザインなどについて具体的な質問していくのもよいでしょう。
このような過程を通して、顧客が自分の接客のファンになってくれるように努力してみましょう。

アパレルにおける接客のコツ5:複数の商品を提案する

商品を勧める時には、具体的な理由を述べるようにします。
例えば、顧客の好みや体形に合う、もしくは入荷したばかりでデザインが新しいなどを出来るだけ丁寧に説明してみましょう。
他にもなるべくセットでの購入を勧めてみるようにします。
その理由は、顧客が気になっている商品を軸として、
全身をコーディネートしてみて、もしも気に入ってもらえればすべてのアイテムが売れる可能性があるからです。
その他にも比較商品や類似商品を提示することも大切です。
これを行うことにより、「買うかどうか」から「どれにするか」にシフトさせることが可能になるからです。
それ以外にも顧客の予算内の商品と、予算以上の商品を提示するのもテクニックの一つになります。

アパレルの接客でしてはいけないこと

逆にアパレル店員として、注意しなくてはいけないこともあります。
一つ目は入店してすぐに話しかけることです。
来店の目的は、顧客それぞれで必ずしも服を買いに来たとは限りません。
ですから押しつけがましい印象を与えないようにすることが大事なのです。
顧客にしつこく張り付くのも厳禁です。
一定の距離を置いて顧客と接するように心がけましょう。
他にもネガティブな言葉を使わないようにしましょう。
顧客に何かを質問されたときは「わかりません」ではなく代替案を示すなどします。
逆にアパレル店員として、注意しなくてはいけないこともあります。
一つ目は入店してすぐに話しかけることです。
来店の目的は、顧客それぞれで必ずしも服を買いに来たとは限りません。
ですから押しつけがましい印象を与えないようにすることが大事なのです。
顧客にしつこく張り付くのも厳禁です。
一定の距離を置いて顧客と接するように心がけましょう。
他にもネガティブな言葉を使わないようにしましょう。
顧客に何かを質問されたときは「わかりません」ではなく代替案を示すなどします。

接客のコツをつかんでアパレルの経営を波に乗せよう

アパレルの接客においては、何よりも顧客の気持ちに寄り添うことを心がけるのが大切です。
顧客が店に入ってきたら、出来るだけ丁寧な接客を心がけていきましょう。
今回紹介した接客のコツや、注意点を意識しながら顧客が満足するような接客を意識していくことが出来れば、
それが売り上げ向上に繋がっていくかもしれません。

  • 一つ前に戻る
  • 次へ
  • 前へ